太陽が水瓶座の第3デークを運行する今期は、運行している月が次々と他惑星とはオポジション以外の座相をそれぞれトライン・スクエア・セクステル・コンジャクションの順番で角度を取っていきます。オポジションは18日の月と木星のオポジションのみで、特に今期は月と他惑星のスクエア、トラインの座相がかなり多いです。

調子が良かったり途端に上手くいかなくなったり…と運気の上下がかなり激しいでしょう。しかし、土星が今期中は月と海王星以外の惑星とは何もアスペクトを取らないため、いろいろな出来事の中で感情が波立ったりしてブレる心を平常通りに保つ技術を身につけるように努めると、調子の良し悪しの波は最小限に抑えられます。

また、12日に水瓶座を逆行中の水星が順行に戻ります。今期の鍵は「コミュニケーション」。幸い、今期中は水星は他惑星と悪い角度は取っていませんから、手際よく順序立ててコミュニケーションを取っていくと徐々に上手くいくようになるでしょう。


そして、今期中は3つの特徴的なイベントが起こります。

一つ目は、前述した水瓶座内を運行する水星の逆行からの順行。水瓶座1度まで、ぎりぎりまで逆行して後に順行へと戻ります。水瓶座の水星は既成の概念や常識にとらわれないやり方を生み出そうとする力を与えます。物事を順当に辿るよりもひらめきに頼った発想で容易に乗り越えられる手段を身に着けることが課題となりそうです。

二つ目は、2/19の太陽の魚座へのイングレス(移宮)、それとほぼ同時にイングレスする月と、ずっと魚座内で運行中の海王星とのコンジャクション。2/18までの空気から一変、魚座的な事象の現れる雰囲気に一気に変わっていくでしょう。人生の意義や理想を追い求めようとする力が世界を一変させるでしょう。ただ、射手座の土星がスクエアで関わってくるため、現実逃避したり幻想に溺れたり精神世界に盲目に傾倒したりしがちな時でもあるので、土星の表す節制や堅実さをしっかりと大切にすることが太陽が魚座を運行していく3月中旬まで吉を呼ぶカギとなるでしょう。

三つ目は、2/20AM9時前に起こる、火星の魚座から牡羊座へのイングレス。牡羊座のルーラー(支配星)は火星。本来の星座に回帰し星の持つエネルギーを過不足なく発揮できる時期が始まります。
また、次の日の2/21に金星が牡羊座入りしてコンジャクションの座相をとるのですが、これは来期でのイベントとなるので、また来期の記事でも説明させていただきます。




2/11は、蠍座を運行中の月が、魚座の海王星とトライン、山羊座の冥王星とセクステル、牡羊座の天王星とはクインカンクス(150度)。水瓶座の水星とは午前中スクエア。些細なトラブルを気にしているとそればかりに終始してしまいそうなので、今日は一日の目標を掲げ、それを達成するように努めるほうが賢明でしょう。


2/12は、蠍座の月が水瓶座の太陽・獅子座の木星とTスクエア、そして蠍座の月は魚座に居る金星・火星と順にトライン。不意にいろいろな事が訪れそうですが、それらをこなすまでも無く慌ただしいだけで一日が終わってしまいそう。特に不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)のうち蠍座を除く他3つの星座に太陽や月を持つ人は、棚ボタ運やおこぼれ運の恵みを期待するより、さっさとやる事をいつも通りにやったほうが早いかも。何かうまい話があっても、関わらない強い意志が大切。水の星座(蟹座・蠍座・魚座)に太陽や月を持つ人、金星や火星がある人は恋愛運や日常的な金運に恵まれます。


2/13は、月が1:46に射手座入り、同じ射手座の土星とコンジャクション、水瓶座の水星とセクステル、魚座の海王星とスクエア。理想を追うよりも堅実で保守的な方向性のほうが上手くいきやすい一日。また、星座問わず、詐欺の被害や欺瞞が蔓延しやすい日。甘い話を持ちかけたり現実離れした夢ばかり語る人にはくれぐれもご注意を。関わるとロクな事が無さそう。


2/14は、射手座の月が獅子座の木星・牡羊座の天王星とグランドトラインを形成。同時に、射手座の月は魚座に居るキロン・金星・火星と順にスクエア。火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)に太陽や月を持つ人は偶然に起こる幸運や棚ボタ運に恵まれたり自身の社会的な立場が改善しそう。
但し、射手座の人を含めた柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に太陽や月を持つ人は、恋愛運が波乱ぎみ。自分では上手くやったつもりが相手には通じてなかった…ということがありそう。


2/15は、射手座の月が水瓶座の太陽とセクステル、魚座の火星とスクエアを形成した後に、7時台に月が山羊座入り、その後魚座の海王星とセクステル。日常生活の中でちょっとしたトラブルの火種があちこち発生しそう。物事に対して理想が反映されているか若しくは奉仕の心を持っているかどうかを問われてしまいそうです。希望を持ち未来を信じる気持ちが大切となるでしょう。


2/16は、山羊座の月が同じ山羊座に居る冥王星とコンジャクション、牡羊座の天王星とスクエア。午後になると夕方くらいから魚座の金星とセクステル。自らの意志の強さを問われそう。覆そうとする勢力には敢然と立ち向かって吉。夜は、疲れた心を癒し心身共にリラックスできるよう憩いの場でくつろいで。


2/17は、山羊座に居るうちに月が魚座の金星・火星とセクステル、9:15に月が水瓶座入り後、同じ水瓶座の水星とコンジャクション、射手座の土星とセクステル。水の星座(蟹座・蠍座・魚座)に太陽や月を持つ人は、ちょっとした恋愛の「旨み」を体感しそう。些細なことでも相手に喜びや嬉しさを伝えると、恋愛運が跳ね上がります。また、今日はギャンブル運が好調。ビギナーズラックも舞い込みそうです。
そして、全星座共通で、運気的に「場を読む」ように気遣う空気感が漂うため、仕事がサクサクと進めることが出来そう。ちょっとしたひらめきの中に発明・発見の予感も。その中でも特に風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)に太陽や月を持つ人は、リーダーポジションでテキパキ動くと、周りから一目置かれそう。


2/18は、水瓶座の月が牡羊座の天王星とセクステル、獅子座の木星とオポジション。華やかな空気感の中で思いっきり弾けられそう。プレゼンや営業に最適な日でもあります。直観で思い付きだけの事でもメモするなどして記録しておくと、その中から将来に有益なアイディアが生まれそう。火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)に太陽を持つ人はリーダーシップを発揮して吉。


2/19は、8:50頃に太陽と月がほぼ同時に魚座入り。同じ魚座の海王星とコンジャクション、射手座の土星とスクエア。昨日までの水瓶座らしい自由で闊達な雰囲気から一転、魚座らしい理想や信念を大切にする空気感が世間を満たします。社会的事象では、宗教に関する出来事、それに対する世の中の動きが不安点になる辺りが、個人的に大変心配です。
個人の事象では、今まで頑張り過ぎてきた人は、精神世界に慰めを求めたり現実逃避してしまいがち。特に、柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に太陽や月を持つ人は、自分に自信を失いがちなので、趣味や癒しグッズで自分の心を満たして。また、今日は「中毒」と名がつくような事柄に心配事が。決してアルコールや薬関係、液体のモノに癒しを求めてはいけません。


2/20は、日中は魚座の月が同じ魚座のキロンとコンジャクション、山羊座の冥王星とセクステル。夜には魚座の29度に居る金星とコンジャクション。日付が変わるとほぼ同時に火星が牡羊座入り。些細な事で心が傷つきやすいデリケートな時期。自分の意思を再確認しても良い日ではありますが、きつく自律し過ぎると余計にダメになりそうです。本来の目的や将来の夢を忘れないようにしましょう。また、睡眠不足になりがちな日でもあるので、睡眠時間は必ず確保しましょう。水の星座(蟹座・蠍座・魚座)に太陽や月を持つ人は、あなたの優しさが周りの人々の心を癒し、周りから感謝されるでしょう。また、魚座以外の柔軟宮(双子座・乙女座・射手座)に太陽や月を持つ人は、周りに安らぎを求めてしまいそう。そのため、周りの協力なしには生きられない事を痛感する出来事が起こるでしょう。